img_02

トライバルユニットが適切に仲介します


仲介業者はコストを高める要因になりますが、
効率を重視する場合は非常に重要な業種になります。
生産者と消費者を直に結ぶことが可能なのは、
「世界がもしも100人の村だったら」の場合のみで、
住人の数が増えていきますと、
こうした中継を行う仕事が重要になるのです。

例えば、住宅などの不動産物件。
生産者(大工)から直接住居を買うことが出来れば、
消費者(住む人)が支払うコストはとても少なくなりますが、
残念ながら大工さんは自分で建てた住居を宣伝することはできません。
「入居者募集」の看板を置くだけでは、
その付近に住む方にしか目に付かず、
その商品は中々購入に至らないのです。
それゆえ、商品を宣伝する業種が必要になります。
それが、不動産会社になります。

こうした商品を宣伝する仕事は非常に多岐に渡ります。
商品として価値が認められているものが、
世の中に非常に溢れているのも原因の一つです。
例えば、法人向け携帯電話。
日本には代表的な携帯電話が3社(4メーカー)あり、
また、通信契約のプランも複数あります。
個人向けのスマホでしたら、
定額制にしてパケット取り放題のプランを
選ぶぐらいかもしれませんが、
仕事として使う場合は通話がメインだと思います。
この通話の条件(掛ける相手、時間など)で、
コストが最も安くなる契約プランが存在しているのです。

そして、この通話の条件は意外と複雑です。
従業員規模、自社支店や取引先が使用している
固定型電話と携帯電話の機種およびメーカー、
通話時間、通話する時間帯などがあり、
どの契約プランが最適となるか意外と分からないものです。
それゆえ、その最適プランを診断する仕事として
トライバルユニットの『モバイル販売』があるのです。

トライバルユニットが上記の条件をしっかりと調査・分析し、
主要4メーカーを含む複数のメーカーから
最適となる機種・契約プランを提案してくれます。
新規に法人向け携帯電話を購入しようする企業様から、
今ある法人向け携帯電話を見直したい企業様まで、
トライバルユニットは幅広く対応します。
会社の規模や取引先の状況、
事業拡大により変化していく経営スタイルにより、
今ある通信プランでは損をしているかもしれません。
それが本当に損をしているかどうかの確認だけでも、
トライバルユニットに相談するのはいいかもしれませんよ。

仲介業のようなサービス業はなくてはならない仕事です。
自分たちで消費しきれないほど高い生産能力を持つのなら、
それを不足している地域に供給することでバランスが取れます。
地産地消が理想と言われていますが、
効率を重視するのでしたら、分業こそ理想と言えます。
ぜひ、商品を適切に紹介する営業会社・仲介業者をご利用ください。